ロンネフェルト紅茶とは?

ロンネフェルト紅茶とは?

世界のホテルで愛されるロンネフェルト紅茶は7つ星ホテル・ヴァージュアル・アラブ(ドバイ)をはじめとする世界のホテルから愛されるドイツ紅茶です。
バリエーション豊かで、しっかり美味しいドイツ紅茶です。

Ronnefeldtは1823年にヨハン・トビアス・ロンネフェルト氏によって「高級ホテルのサービスに見合う紅茶を提供しよう」という考えのもとフランクフルトで創立されました。。
優れた品質と時間と手間を十分にかけた製法で作られたロンネフェルト紅茶は、ドイツ国内の5ツ星級のホテル他、世界のホテルで使用されています。

また、日本国内でも人気が高く、東京ステーションホテル、椿山荘、フォーシーズンズ丸の内東京、コンラッド東京、東京ディズニーランドホテル、インターコンチネンタルヨコハマグランドなど多くのホテルで使用されています。

多様性を受け入れる紅茶ロンネフェルト

コンテナートが注目したのは「香り高く美味しい紅茶」というベーシックな部分はもちろんですが、ホテルならではの「お客様の要望に答える」という多様性に注目しました。
代々木はビジネス街としての顔を持ちつつ、クリエイター事務所、プロダクション、学生、病院など、様々な顔を持ち、それぞれが目標に向かって進む人が多い街です。
これから頑張りたい、疲れを取りたい、一休みしたい、気持ちを落ち着けたいなど、様々な要望をもつ現代人に紹介したい紅茶としてロンネフェルトが最適でした。

代々木駅は新宿・原宿・渋谷・千駄ヶ谷に囲まれたアクセスのしやすい場所でもあります。
JR代々木駅から徒歩2分、新宿や千駄ヶ谷から徒歩圏内という立地なのでお散歩しながらお立ち寄りください。

No tags for this post.