紅茶と真空管アンプで過ごす都市のオアシス

 

紅茶の香りが充満する店内。

さりげなく空間を支えているのが真空管アンプで奏でるBGM。

主に1960年代~1974年までの音楽を流していますが、この年代の音楽に合わせるスピーカーは真空管との相性が良い気がします。
性能やスペックなら最新の方が良いと思いますが、不思議とローテクなシステムの方が心地よく感じてしまうのです。

 

店舗で毎日稼動して10年選手になった真空管アンプ。

あくまでも裏方でこっそり頑張っていますし、主張するような凄いシステムを組んでいるわけではありません。
ちょっと興味があるという方は来店時にちょっと耳を傾けてください。

紅茶との相性も良いですが、都市のオアシスに認定されている代々木VILLAGEとの相性も抜群。
たまにはアナログたっぷりの空間でゆったりとした時間を過ごしませんか?

関連記事

  1. [ポストカードフェアより] 坂内拓ポストカード

  2. ほんの気持ちをちょっと豪華に変身させるポチ袋

  3. 今年の夏を彩る幅広い紅茶の世界をアートなオリジナルパッケージで「アイス…

  4. オープニング展「Nice to meet you!」限定ドリンク「レモ…

  5. ハートを届けたい時に使いたいアイシングクッキー

  6. こんなぬくもりの場所があったらいいなと感じる1枚

  7. 岩間淳美/summer swimmer|同じうちわなのに違う!アートな…

  8. 会場に設置してあるポートフォリオは要チェック。見ていると笑顔が溢れる人…