紅茶と真空管アンプで過ごす都市のオアシス

 

紅茶の香りが充満する店内。

さりげなく空間を支えているのが真空管アンプで奏でるBGM。

主に1960年代~1974年までの音楽を流していますが、この年代の音楽に合わせるスピーカーは真空管との相性が良い気がします。
性能やスペックなら最新の方が良いと思いますが、不思議とローテクなシステムの方が心地よく感じてしまうのです。

 

店舗で毎日稼動して10年選手になった真空管アンプ。

あくまでも裏方でこっそり頑張っていますし、主張するような凄いシステムを組んでいるわけではありません。
ちょっと興味があるという方は来店時にちょっと耳を傾けてください。

紅茶との相性も良いですが、都市のオアシスに認定されている代々木VILLAGEとの相性も抜群。
たまにはアナログたっぷりの空間でゆったりとした時間を過ごしませんか?

関連記事

  1. 書き込み具合にため息が出そうな作品

  2. 「アートな切手展Vol.4~おいしいパン切手」が「パンニュース社」で紹…

  3. ネコ展に劣らず凄い!盛況のアートな切手展はまもなく終了!3月16日17…

  4. フェイスブックページからインスタグラムに引越ししました。

  5. 二日酔いにオススメのお茶あります。本年の営業は29日まで

  6. <要TEL>「華ひらく」紅茶缶継続販売されます!

  7. [アートな切手展より] 河本徹朗|切手+ポストカードセット

  8. 吉沢深雪個展2014にお越しなるみなさま、代々木駅前でスマホを使って地…