紅茶と真空管アンプで過ごす都市のオアシス

 
ティータイムになれば紅茶の香りが充満する店内。
さりげなく空間を支えているのが真空管アンプで奏でるBGM。

主に1960年代~1974年までの音楽を流していますが、この年代の音楽に合わせるスピーカーは真空管との相性が良い気がします。
性能やスペックなら最新の方が良いと思いますが、不思議とローテクなシステムの方が心地よく感じてしまうのです。

 
店舗で毎日稼動して10年選手になった真空管アンプ。
あくまでも裏方でこっそり頑張っていますし、主張するような凄いシステムを組んでいるわけではありません。
ちょっと興味があるという方は来店時にちょっと耳を傾けてください。

紅茶との相性も良いですが、都市のオアシスに認定されている代々木VILLAGEとの相性も抜群。
たまにはアナログたっぷりの空間でゆったりとした時間を過ごしませんか?

関連記事

  1. 亀山鶴子/鶴|同じうちわなのに違う!アートなうちわ展2016は8月21…

  2. カリンの良い香り

  3. 木の風合いが手に馴染む木製計量スプーン

  4. 肉球マシュマロティーの販売がスタートしました!

  5. 「母の日は紅茶で感謝を伝えよう」はまもなく終了。花粉症や風邪の緩和、ビ…

  6. あまりの人気に一期一会の「ベレーちゃんどら焼き」はオリジナル焼印&創業…

  7. 意外な一面を持つ人にオススメのトートバッグ

  8. [アートな切手展より] 波田佳子|切手+ポストカードセット

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.