代々木では珍しい、アート雑貨店・紅茶専門店・ギャラリーは、奥行き12メートルを行き来することで初めて体験できます。

代々木VILLAGEの2Fにはアート雑貨、紅茶専門店、ギャラリーがあるのをご存知ですか?

正面入口を入ってすぐのスロープを登った左にあるコンテナートです。

 
 
コンテナートはその名前の通り、「コンテナ+アート」の造語です。
「コンテナ」は、他の施設ではなかなかお目にかかれない特徴を多く持つ代々木VILLAGEを語るうえで出てくるキーワードの1つです。
それぞれの店舗は少しずつコンテナの組み合わせ方が違い、内装も違うので勝手や雰囲気など印象も異なります。
 
コンテナートは一番端に入口があり、2両編成なのでとても奥行きがある構成です。
奥行きと言っても入口から店内に入るという実際の動きで考えると左に長いのですが、数字にすると奥行き2M(正確には2.2M)×左に12M。
これが何を意味するかというと店内に入った場合と入らない場合とでは大きくイメージが異なります。

店の外から覗くと「狭い」という印象が、中に入ると「長い」という印象に変わります。

例えるなら廊下のような縦横比の店舗というイメージでしょうか。
 
 
これを写真で見ていくと、、、
 
 
 
 
店舗の外から中を覗くとこんな感じです。
奥行き2Mなので狭いと感じる方も多いと思います。
このイメージで固定しながら店内に入り左を見るとこうなります。
 
長い!
そして常時200種類のアートなポストカードが並ぶポストカードエリアが目に飛び込んできます。
 
 

 

ポストカードエリアにはカウンターがあり、紅茶のメニューや見ても楽しい華やかな紅茶達が並んでいます。
紅茶専門店ならではの紅茶の良い香りが広がります。
 
 
 

 

カウンターの前を通過するとギャラリーがあり、企画展や個展、イベントなどが開催されています。
じっくり観賞する展示もあれば、体験は販売がメインのイベント、ワークショプなども開催しています。
どなたでも無料でご覧いただけるので、待ち合わせに利用する方もいます。
 
 

 

つきあたりは大胆な全面ガラス。
代々木VILLAGEの正面入口から気になる方も多いのですが、中から外を眺めると実に見晴らしがいい場所です。
ここでオーダーした紅茶を楽しむことができます。
ギャラリーの一角にあるので展示を見ながら紅茶を楽しむのもオススメです。
 
 
 
再び入口に戻ると雑貨エリアにお気に入りの茶葉が販売されていることも。
香りを確かめることができますし、オススメの飲み方もご案内します。
 

その他、アートグッズの脇を固めるアイデアグッズ、紅茶グッズもあります。

 
店内すべて自由に行き来できますし、展示に合わせて関連グッズを販売していることもあります。
是非、奥行き12メートルを体験してください。

関連記事

  1. 見晴らし抜群!1人でのんびりしたくなる空間

  2. 雨の日は紅茶の香りと雨音と真空管の音色と過ごす

  3. バスタ新宿&ニューマンから徒歩で行ける代々木駅とコンテナート

  4. コンテナート=コンテナ+アートの造語です。

  5. ガラス越しに雨を楽しむ

  6. 紅茶ガチャ

  7. 店内奥では展示開催中!表情が変化する長い店内は要チェックです!

  8. 都内や山手線駅で飲めて買えるロンネフェルト店をお探しなら