1年後の手紙、確かにお預かりしました。

3週間という会期の中、衰えることなく来店が続いたネコ切手展。
会を重ねるごとに増えて行くネコ好き&切手好きさんたちのパワーを改めて体感しました。

増えるといえば、とても印象的なのがミライポストへの投函者数です。
1年後の自分や誰かに送りたいと思う方たちによって書かれた手紙が投函される小さなポストは、会を重ねるごとに投函数がどんどん増えています。

ミライポストという趣旨からすれば、送り相手は自分という方が圧倒的に多いのは想像できますが、「自分に送る」とキーワードがなければ書かなかったかもしれない手紙。
手紙の送り方も変わってきたのだと感じます。

そうそう、ミライポストを続けている理由のひとつに投函者の笑顔にあります。
あの笑顔を見てしまうと今回も設置してよかったなと思うのです。

そのミライポストが来月4月11日〜5月8日までパン切手展で復活します。
昨年伝説になったあの企画が再び。
強力なメンバーで4週間繰り広げます。
是非ご来店下さい。

関連記事

  1. ネコ好きと切手好きのハートをガッチリ掴んでいる、郵政博物館所蔵の「世界…

  2. あなたは短冊に何を書きますか?

  3. 心温まるポストカード。プレゼントにも最適/喜多村素子

  4. きのこの森のハリネズミ/イラストレーター・絵本作家のひろせたつろうが製…

  5. 「マザーブレンドティーを作ろう!」ワークショップご参加ありがとうござい…

  6. 幸せのおすそわけ

  7. 手紙屋青雀堂ボリ/ザリガニと夏|同じうちわなのに違う!アートなうちわ展…

  8. <神谷ミホ>同じ絵馬なのに違う!「イラストレーターによる絵馬展2017…