水出しにはホットがあるのをご存知ですか?

夏になると連日「これは水出しですか?」という質問を多くいただきます。
アイスティーをお出ししたタイミングで聞かれるこの質問、「熱湯で抽出しアイスにしています」と回答しますが、「お湯でアイス?」と疑問に思う方も多いので、抽出と飲みかたについて簡単な表にしました。

抽出と飲みかたパネルWEB
見ていただいて、なんとなくでもご理解いただけると嬉しいですが、抽出温度は主に「味わいを変化」させ、飲みかたは「その時の気持ちや希望などを表現」します。

例えば「麦茶」。

水出しが一般化される前(水出し麦茶が商品化される前)、麦茶はやかんヤカンでグラグラ煮出していました。
麦茶の抽出は煮出すものだと思われていた、そんな時代に突如現れたのが「水出し麦茶」。
お湯を使わなくていい、冷やすのも簡単、毎日大量に消費する飲み物だけに、手軽に抽出できる水出し麦茶は爆発的に広まりました。
それでも「香ばしさがいい」という煮出し麦茶派もいて、「手軽さがいい」という水出し派、それぞれ判断基準が違うまま現在に至るという感じでしょうか?

話は紅茶に戻りますが、紅茶の抽出温度の傾向については麦茶とほぼ同じ。
味や香りをハッキリクッキリしたいならお湯出し(高音抽出)、スッキリマイルドにしたいなら水出し(低温抽出)。
視点を変えれば、渋みやコクが出る傾向があるお湯出し、エグみを抑える傾向があるのが水出し、というイメージでしょうか?
どちらにも特徴があり魅力があるので、表をご覧頂きながら実際にお試しください。

改めて、まとめについては表をご覧いただきたいのですが、視点を変えてまとめると、
・水出しは1年中使える抽出方法である
・豊かな香りと味を求めるなら高音抽出が向いている
・水出しは6〜8時間の時間を要するが、お湯出しは数分で完成する
・水出しからホットティーで飲む方法とお湯出しからアイスティーにする方法は簡単である

いかがだったでしょうか?

手間を省くという選択。
味にこだわるという選択。

1年の半分はアイスティーを選択する方が多い日本では、毎日の手間を省くことも大切ですし、毎日だからこそ味にこだわる思いも大切だと感じます。
同じ基準でまとめる事で見えてくる、味わいをコントロールする方法がお湯だし水出しという話でした。
(アイスティーの淹れ方についてはご興味のある方も多いので、何らかの形でご説明したいと思っています)

それでは、楽しい紅茶ライフを!

**********
 
暑い日は きりっとスッキリ爽やかな香りの アイスティーが飲みたい!
現在コンテナートではアイスティーフェア開催中です。
店内ではアイスティーにオススメの紅茶を紹介。
茶葉の販売他、アイスティーのオーダーも可能です。
ご来店おまちしております。
 
アイスティーフェア2016
2016年5月9日(月)〜9月11日(日)
11:00〜20:00
コンテナート@代々木VILLAGE
 
企画
コンテナート http://www.contenart.jp

関連記事

  1. <スズキトモコ>同じ絵馬なのに違う!「イラストレーターによる絵馬展20…

  2. 斉藤マミ/Wouldn’t it be nice|同じうち…

  3. 南国で飲みたいスッキリ+リフレッシュ/サマーフルーツパンチ(安田ナオミ…

  4. 果肉から抽出、味も香りもピーチづくし/ピーチガーデン

  5. コンテナート オープニング展 Nice to meet you! がま…

  6. オズマガジンにコンテナートが紹介されました!

  7. 圧巻の幾何学模様|益田由ニポストカードが新規入荷しました!

  8. 茶漉し付きでカップからフタまで統一感がある吉沢深雪マグカップ

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.