日本橋三越本店×コンテナートコラボ紅茶缶「華ひらく」を販売いたします。

日本橋三越本店×コンテナートコラボ紅茶缶「華ひらく」は、

本展開催に合わせて作ったコラボ紅茶缶です。
1950年、猪熊弦一郎氏によって、日本の百貨店初のオリジナル包装紙「華ひらく」は「波にも負けずに頑固で強く」をテーマにデザインされました。
当時三越宣伝部の社員だった漫画家やなせたかしさんにより、「mitsukoshi」のロゴが書き入れられ、半世紀以上もの間愛されてきた三越の伝統的シンボルを、日本の伝統技術「張り加工」を使い紅茶缶を作りました。
伝統と伝統のコラボレーションをお楽しみください。

<日本橋三越にて開催>グリーティングティー〜手紙にメッセージと紅茶をのせて〜 2017年8月23日(水)~31日(木)開催!

関連記事

  1. 「アイリッシュモルト」にアイリッシュウイスキーを加える

  2. 本吉康成(「玄光社イラストレーション」編集長)×船本恵太(サンドアート…

  3. kurkkuのコスメライン「レイルー」の先行販売をスタートしました。

  4. ココケニアンティー/そら植物園コラボドリンク

  5. キッズフォトグラファーコンテスト参加者募集!

  6. アイリッシュウイスキーをロイヤルミルクティーにトッピングしたアイリッシ…

  7. 代々木VILLAGEが都市のオアシス認定記念!「鳥と自然のトートバッグ…

  8. 日本橋三越はじまりのカフェイベント「BENTOのある暮らし」に参加しま…