<日本橋三越本店にて開催中>紅茶缶で使われている技術「張り加工」とは・・・

<伝統技術×クリエイター コラボ>
緑茶の業界で古くから使われてきた技術です。
主に友禅紙をブリキ缶に張ることで、金属印刷とは異なる装飾をほどこすことができます。
友禅紙のきらびやかな装飾を用いて、歳暮などの進物に多く利用されています

機械を使わず全て人の手で加工しています。

1日平均生産量:200缶

<日本橋三越にて開催>グリーティングティー〜手紙にメッセージと紅茶をのせて〜 2017年8月23日(水)~31日(木)開催!

関連記事

  1. FRaU(フラウ) 2015年6月号にコンテナートが紹介されました!

  2. KITTEでコンテナートの情報が取得できる???

  3. <通販開始しました!12月6日まで>スパイスとバニラで元気 を取り戻す…

  4. 初恋/いとうあつき ネコ切手展は3月6日まで開催!

  5. <宮本ジジ>ネコ切手展好評開催中!3月5日まで開催!

  6. <伊勢丹新宿店で開催中!>つばめデザイン図案店 中村幸代|秋のテキスタ…

  7. [ポストカードフェアより] 波田佳子ポストカード

  8. <さえこ>同じ絵馬なのに違う!「イラストレーターによる絵馬展2017」…