見ているだけでも楽しいスリーピングポット

ロンネフェルトの名物ティーポット「スリーピングポット」

伊勢丹新宿店で開催されている秋のテキスタイル紅茶缶展の会場では紅茶缶、紅茶以外にもロンネフェルト関連グッズも販売しています。
その1つがロンネフェルトの名物ティーポット「スリーピングポット」です。

抽出時は寝かせます

ポットの中は2階建構造

になっており、1階がお湯の部屋、2階が茶葉の部屋に分かれています。
お湯を差し、横に倒す(寝かせると)と1階のお湯室と2回のお茶室が横位置で繋がり抽出がスタート。
ポットを起こすと縦の関係になるので切り離されて抽出がストップ。
画像の斜め位置の状態は湯切りの状態で、ここでしっかりお湯を切るのが安定したティータイムを過ごすために大切です。

手前に茶葉を、奥にお湯を差します。

お湯を差すポイントは、

1階のお湯室側に差すのがポイント。
2階のお茶室にお湯を差すと、茶葉が開く前にお湯室に移動してしまい抽出がうまく止まらなくなります。

抽出が完了したら、一度斜めにしお湯を切ります。

見ているだけでも楽しいスリーピングポット。

お茶の味もしっかり出るのでオススメのポットですが、最大の魅力はデザインに尽きます。
見ているだけでも楽しくなるスリーピングポット。
是非ご覧ください。

抽出完了。蓋を抑えながら注いでください。

 

関連記事