バオバブが冬眠から目覚めました!

バオバブは冬眠します

バオバブは赤道付近で育ちます。
地植えするなら25℃以上の気温と30M×30M×30M(50M×50M×50M)の土地が必要だそうです。
日本では沖縄以外では難しいそうです。(実際に沖縄には1本地植えがあるそうです)
沖縄以外の土地で育てたい場合は、

・温室で育てるか冬眠させる
・地植えせず、鉢を使い大きくさせない

というのが一般的な育て方のようです。
コンテナートでは冬眠+鉢植えという形で育てています。

お客さまもバオバブに興味があるようで、日々お声がけくださったり、アドバイスいただいたりと、地味ながら店を盛り上げてくれています。

11月〜12月頃になると落葉し始めます

徐々に水やりを減らし完全に落葉したら水やりをやめ冬眠させるのですが、今年は夏に大きくした鉢を置くスペースを確保できなかった+気温が高かったのかうまく冬眠してくれず、ちょっと可哀想な姿になってしまいました。
その状態を心配してくださる方が以外にいて、バオバブは愛されているのだなと感じていました。

冬眠中は室内に入れ、春になるのを待たせます。。。

数日前から芽が出てきました

今年は冬眠する期間が短かったのですが、芽が出てきたので水やり開始しました。
気温差が激しい時期なので、暖かい日は光合成させたり、寒い日は室内に入れたりという日々が続きます。
1〜2ヶ月は寂しい状態ですが、ある程度芽が出てきたら肥料をあげると成長が加速し(素直な性格です)、夏に近くにつれてどんどん元気になります。

見つけた際には声をかけてあげてください。

関連記事一覧