自分でブレンドした紅茶を添えて母の日に手紙を送るワークショップ

感謝の気持ちを手紙と紅茶で表現する

日本橋三越にて発表した「グリーティングティー」は手紙に紅茶を添えるメッセージカード。本ワークショップではこちらに自分でブレンドしたオリジナル紅茶を貼り付けて完成です。

現在、開催&募集中の「感謝と元気を届けたい!頑張るお父さんお母さんに贈るブレンドティー」ワークショップは、いつもお世話になっているお母さんに感謝の気持ちを届けるために「手紙」に「自分がブレンドした紅茶」を添え、プレゼントしてみよう!を目的としたワークショップです。

普段、なかなか言えない感謝を母の日に合わせて伝える、その為の手紙と紅茶なのです。

ブレンドする紅茶のベースは4種類と10種類のトッピング

それぞれ個性的な紅茶とハーブティー

個性的なお茶にトッピングするお花やスパイス 

オーソドックスな紅茶から、ミネラルや抗酸化作用があると言われるルイボスティー、ビタミンたっぷりのフルーツティーなど、バラエティーに富んだ4種類の紅茶・ハーブティーをベースに、体を温めるスパイスや、香り味には影響がないけれど華やかなビジュアルに返信する花びらなど、10種類のトッピングを用意しました。
装飾系でまとめる、スパイスティーのように個性的にまとめるなど、1人1人に個性が出るように用意しました。

お母さんになにを届けるか、改めて考える機会


紅茶をブレンドする前に、お母さんに○○なお茶をプレゼントしたい!
テーマを決める上で、相手を思う気持ちや、相手について改めて考えることが大切です。
どういうお茶を好むのか、好きな色は?スパイスは平気?目が疲れやすいと言ってたな、忙しくてゆっくりする時間がないって言ってたな、などなど。。。

情報の大小はあると思いますが、お母さんを思い、ブレンドしていく気持ちはしっかりと届くものです。

困ったらお母さんと一緒に飲みたいブレンドを考える

用意された材料や環境は同じ+一緒にブレンドしていきます。出来上がりはどうなるのでしょうか?

多くのお母さんが望むのは「一緒に過ごす」そうです。
自分でブレンドしたお茶を一緒に飲むだけでお母さんは幸せな気持ちになれるかもしれません。
ブレンドティーを淹れて一緒に飲むというのもいいですね。

ブレンドは個性が出てとても面白い

ブレンドは個性が出てとても面白い

お茶は話を弾ませる飲み物

みなさまの個性をバックアップできるロンネフェルト。お客様の要望を叶えてきたホテル紅茶ならでは。

お茶特有のふわっとした多幸感は話が弾むきっかけになります。
お茶をはさみ沢山話しをする。

そんなきっかけづくりのワークショップ。
是非、ご参加ください。

「感謝と元気を届けたい!頑張るお父さんお母さんに贈るブレンドティー」ワークショップ

関連記事