「チャイの淹れ方とスパイスブレンド」ワークショップ

人気のチャイを自分でブレンドし、美味しい淹れかたのレクチャーを受けるワークショップ

和訳すると「茶」という意味のチャイは、「茶」や「ティー」の語源となった言葉ですが、インドなどのアフリカエリアではスパイスを入れ甘く煮出して(インド式ミルクティー=ロイヤルミルクティー)飲むため、スパイスを入れたお茶をチャイとして日本で広まりました。

寒い時に紅茶にシナモンや生姜などのスパイスを加えるととても体が温まる、元気が欲しい時にスパイスを加えると滋養強壮として期待できることから、チャイは紅茶の面白さを知り、楽しく毎日を過ごす知恵が詰まっています。

本ワークショップでは「体を温める」「代謝UP」「元気が出る」など、1人1人がイメージを決め複数の紅茶とスパイスをブレンドし簡単なラッピングをして完成です。
ブレンド時に使ったすり鉢とすりこぎは茶葉と合わせてお持ち帰り頂きます。
チャイの淹れかたについては時間の都合上、デモンストレーションと試飲をお楽しみください。

アドバイザーは日本紅茶協会認定ティーインストラクターである大渕智美が担当します。

会期

2018年12月11日(火)13:30~15:00 募集各6名 <募集を締め切りました>
2018年12月18日(火)13:30~15:00 募集各6名
2018年12月22日(土)12:30~14:00 募集各6名
2018年12月25日(火)13:30~15:00 募集各6名

会場

 @ 2F
http://contenart.main.jp/
03-3375-1252

講師

大渕智美
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
管理栄養士
都内在住、紅茶の魅力を発信、活躍中
栄養士としての顔も

持ち物

特にありません

受講料 

3,500円(税別)材料費込み

参加方法

本ワークショップは予約制です。
下記のフォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/ZyRQ5Dt4Fb6NRRHM2

企画

コンテナート、大渕智美(日本紅茶協会認定ティーインストラクター、管理栄養士)

関連記事